「フェリーあい」造船進捗状況(5月)

5月は、車両甲板ステージのブロックの搭載を終えました。 このままブロック搭載が進み

これで見た目にも「船」だと分かる形となってきました。

今後、6月中旬頃にかけて、ここから先の上部構造を搭載していく予定です。


5月はプロペラの搭載も行われました。 可変ピッチプロペラ(CPP: Controllable Pitch Propeller)は、船の全速から微速、停止や後進の運転に対し、翼角の制御だけで前後進の必要な速度が無段階で得られます。

6月に搭載していく船橋部分などの上部ブロックも、大分仕上がってきております。
7月に予定している進水まで、残り一ヶ月と少しになりました。