トップページ > 船舶案内 > 鉄道連絡船としての南海フェリー

鉄道連絡船としての南海フェリー

  • 鉄道連絡船として
  • 沿革
  • 歴代船のご紹介

鉄道連絡船として

フェリーと鉄道で大阪・和歌山と四国徳島を結ぶ 南海四国ライン

鉄道連絡船とは、海や河川湖沼の両岸の鉄道に接続して定期に運航する船のことで、南海フェリーも鉄道連絡船になります。かつては日本全国に多く存在した鉄道連絡船も現在では宮島航路(宮島口駅〜宮島駅)と南海フェリーの南海四国ライン(なんば/和歌山港〜徳島港)のみとなりました。

私鉄が運営する鉄道連絡船としては日本で唯一になり、大阪なんば〜和歌山港をつなぐ南海電鉄と接続しています。

かつては「大阪なんば駅〜和歌山港駅」の南海電鉄と「和歌山港〜小松島港」の南海フェリーと国鉄(当時)をつなぐ、鉄道連絡船でした。1985年に四国徳島側の国鉄小松島線が廃止され、現在は「大阪なんば駅〜和歌山港駅」の南海電鉄と「和歌山港〜徳島港」の南海フェリーが南海四国ラインになります。

沿革

昭和50年 8月南海フェリー株式会社設立
12月南海汽船から営業譲渡 (和歌山〜小松島航路)
58年 7月高速船航路新設(和歌山〜徳島航路)
平成元年 3月新造船「フェリーくまの」就航
4年12月新造高速船「あるご」就航
9年 7月新造船「フェリーつるぎ」就航
11年 4月フェリー航路を和歌山〜徳島航路に移設
10月新造船「フェリーかつらぎ」就航
14年 2月高速船事業廃止
19年 4月「フェリーくまの」減船、2隻9往復体制

歴史船のご紹介

南海フェリー株式会社設立から活躍する船舶のご紹介です。南海汽船時代には客船のみだった船舶が、「きい丸」から自動車船送旅客船(カーフェリー)になりました。その後、「マリンホーク」・「あるご」などの高速客船も活躍しました。現在は、フェリーつるぎ・フェリーかつらぎの二隻が運航しています。

きい丸(フェリー)
きい丸(フェリー)
なると丸(フェリー)
なると丸(フェリー)

フェリーわか丸
フェリーわか丸
マリンホーク(高速船)
マリンホーク(高速船)

フェリーたちばな
フェリーたちばな
フェリーくまの
フェリーくまの

フェリーよしの
フェリーよしの
あるご(高速船)
あるご(高速船)

フェリーつるぎ
フェリーつるぎ
フェリーかつらぎ
フェリーかつらぎ

船舶変遷表

船名 就航—運航 トピックス
きい丸(フェリー) S39.12.25 就航 S61.7まで運航  
      S39.12.25 和歌山—小松島間に自動車航送開始
なると丸(フェリー) S44.12.10 就航 H1.3まで運航  
フェリーわか丸 S48.5.1 就航 H3.12まで運航  
      S48.5.1 和歌山—小松島航路全船フェリー化
マリンホーク(高速船) S58.7.18 就航 H4.12まで運航  
      S58.7.18 和歌山—小松島航路に高速船就航
      S60.11.1 和歌山—徳島航路開設、高速船航路変更
フェリーたちばな S61.7.30 就航 H9.7まで運航 きい丸の代替船
フェリーくまの H1.3.23 就航 H19.4まで運航 なると丸の代替船
フェリーよしの H3.12.24 就航 H11.10まで運航 わか丸の代替船
あるご(高速船) H4.12.25 就航 H14.1まで運航 マリンホークの代替船
フェリーつるぎ H9.7.16 就航 運航中 フェリーたちばなの代替船
フェリーかつらぎ H11.4.2 就航 運航中  
      H11.4.2 和歌山—徳島にフェリー航路変更、和歌山—小松島航路休止
      H14.2.1 高速船事業廃止