トップページ > 観光案内 > 四国エリアの観光案内

四国エリアの観光案内

  • 春の観光案内
  • 夏の観光案内
  • 秋の観光案内
  • 冬の観光案内

春の観光案内

春は、迫力満点の「鳴門の渦潮」、テーマパーク「NEWレオマワールド」、有名連による阿波踊りや様々なイベントが開催される「はなはるフェスタ」などが見どころです。弘法大師の教えに触れながら巡る、信仰を深める旅「四国八十八か所巡礼」にも良い季節です。

鳴門の渦潮

鳴門の渦潮イメージ

世界最大級の巨大な渦潮は、大潮時には直径20m以上に達する。観潮船で間近に見る渦潮は迫力満点。大鳴門橋の「渦の道」からはガラス越しに、真下に渦を見下ろせる。

NEWレオマワールド

レオマおもちゃ王国イメージ

2010年7月リニューアルオープンした「NEWレオマワールド」アトラクションだけでなく、専属劇団員やキャラクターによるショーやパレードも楽しめます。

四国八十八ケ所巡礼

四国八十八ケ所巡礼イメージ

弘法大師と共に歩くお遍路は、近年癒しの旅として見直され、幅広い年齢層の間で静かなブームとなっている。バスやマイカーを利用するのが一般的だが、徒歩で巡る人も多い。

はなはるフェスタ

はなはるフェスタイメージ

毎年4月下旬に開催される「とくしま春らんまんの祭典」。春の阿波おどりとして、有名連による華麗でエネルギッシュな演舞を楽しめる。その他様々なイベントが催される。

夏の観光案内

夏といえば祭り。四国では、徳島の「阿波おどり」と、高知の「よさこい祭り」の二大夏祭りが華々しく行われます。日本最後の清流「四万十川」での川遊びや、「内子町」での町並み散策を楽しめます。

徳島阿波おどり

徳島阿波おどりイメージ

徳島の代名詞「阿波おどり」は、全国から多くの観光客が訪れ、エネルギッシュな踊りが真夏の夜に炸裂する。8月12〜15日の4日間行われ、街中熱気の渦となる。

高知よさこい祭り

高知よさこい祭りイメージ

高知の夏を盛り上げる一大イベント。南国の情熱と、自由な気風がミックスされて生まれたよさこい祭りは、8月9〜12日の4日間高知市内で繰り広げられる。

高知四万十川

高知四万十川イメージ

日本最後の清流。数多くの沈下橋がある。河口の中村には、トンボ自然公園、四万十いやしの里などの施設見学や、帆掛け舟、屋形舟などの観光遊覧船で川下りが楽しめる。

愛媛 内子の町並み

愛媛 内子の町並みイメージ

江戸後期〜明治時代にかけて、和紙と木蝋の生産で栄えた内子町。白壁やなまこ壁の商家・民家・土蔵が建ち並ぶ。国の重要文化財に指定の家屋や、大正時代の芝居小屋内子座など見どころが多い。

秋の観光案内

秋は文化鑑賞。四国では、「大塚美術館」で世界の名画の数々が鑑賞できます。平家伝説の秘境「祖谷渓」と、国内屈指の渓流美「面河渓」の二つの渓谷の紅葉は素晴らしい眺めです。西日本第二の高峰「剣山」へは、車と登山リフトを利用すれば、初心者や子ども連れでも気軽に登山が楽しめます。

大塚美術館

大塚美術館イメージ

国内最大の常設展示スペースに、原寸大の陶板で世界の名画を再現した美術館。名だたる巨匠達の名画1,074点を展示。かなり広いので時間にゆとりをもって出かけよう。

徳島 祖谷渓

徳島 祖谷渓イメージ

祖谷川が刻む深い渓谷美の秘境で、有名なかずら橋や切り立った断崖に立つ小便小僧像など見どころが多い。秋は一面紅葉色に染まる。巨岩奇岩が続く大歩危小歩危は舟で遊覧。

徳島 剣山

徳島 剣山イメージ

四国第二の高峰で、標高1,955m。日本百名山のひとつ。その昔安徳天皇の剣を山中に隠したという伝説に由来。山頂部はなだらかな草原で、遠く紀州や足摺岬まで見渡せる。

愛媛 面河渓

愛媛 面河渓イメージ

石鎚山に源をもつ面河川が造り出した渓谷で、その渓谷美は国内屈指。特に秋の紅葉の美しさは有名。いたるところから突き出した断崖、滝、奇岩など変化に富んだ国定公園。

冬の観光案内

冬は温泉で暖まるのが一番。四国、日本最古の「道後温泉」で暖まりましょう。「金刀比羅宮」の階段を登れば、冬でも汗ばみます。空前のブームに沸く、うどん王国・香川の「讃岐うどん」はお店をハシゴするのがオススメ。南国土佐高知の「龍河洞」は、幻想的で神秘的な世界を体験できます。

讃岐うどん

讃岐うどんイメージ

空前のブームに沸くうどん王国香川には、700軒以上ものうどん店があり、一般店・セルフ店・製麺所店とタイプが異なる。それぞれの店を食べ比べてハシゴするのもおすすめ。

道後温泉

道後温泉イメージ

日本最古の温泉。国の重要文化財に指定されている道後温泉本館は明治27年に建てられた共同浴場。松山市内には他に、名城「松山城」、小説に登場した「坊ちゃん列車」などがある。

金刀比羅宮

金刀比羅宮イメージ

古くから「讃岐のこんぴらさん」として親しまれている海の守護神。参道の石段は本宮まで785段、奥社まで1,368段にも及ぶ。参道の両脇には土産物やうどんの店が軒を連ねる。

龍河洞

龍河洞イメージ

日本三大鍾乳洞のひとつで、国の天然記念物。約1億7500万年の歳月を重ねて造られた鍾乳洞で、洞内は弥生時代の住居跡や、鍾乳石、石筍が並ぶ地底のパラダイス。

おすすめリンク